日記とも月記とも呼べない何か。

かといって年記でもない。

delaidbackについて。

delaidback

 

あえて曲順も歌詞も見ずに1周目。まず感じたのは、声が何だか違うという事でした。

「光のような」に始まって、「透明な日」も「Star Slave」も、五十嵐さんの声に芯がなくて不安定で、それに物凄く歌いづらそう。

何だか無理をしていて曲に合ってないというか、聴いていてとてつもなく違和感を感じる。

「いつだってぇぇぇ~ぇ~」って…アンタそんな声の張り上げ方するような人じゃなかったでしょ…と、まずここで挫折しそうになりました。

その違和感しかないボーカルを前面に押し出したミックスにも違和感。

生還の5曲はまたちょっと違うところでガッカリな出来栄えでした。

アレンジも歌詞もさほどいじってない事には安心したんだけど、なぜかここでも感じる違和感。

特に残念だったのが「赤いカラス」。正直期待が大き過ぎました。あの曲だけはあれ以上余計な音は入れないでほしかった。控えめではあるけど。

これは生還を見過ぎてしまったのもあるけど、私にとってはやっぱりあのライブでの演奏がベストテイクだったんだろうと思います。

スリーピースだから当たり前だけど、生還での無駄な音が一切ないシンプルなアレンジが良かった。

でも「ヒーローショー」のイントロの生還バージョンにはないアレンジは好きだな。

それにしても、キタダさんのベースはいつも通りさりげなく凄い仕事してるのはわかるんだけど、音源だと中畑さんのドラムの存在感が薄い。ライブの9割引きくらいのディスカウント(わかりづらい)。

シロップは音源化するとミキシングで曲の良さを殺してしまっている事が割と多いような気がするのは私だけでしょうか?

「Mouth To Mouce」の音源の音があまり好きじゃなくて、ライブで「変態」を聴いた時「こんなにカッコいい曲だったのか!」と思ったのはいい思い出。

そんな訳で、来年のツアーに期待しています。

途中、間に挟まれている「夢みたい」で変わる空気感。この不穏なコード感、やっぱり絶品だなあと思っているところにそれまでとは明らかに温度も湿度も違う五十嵐さんの声。

そして最終的には初めて聴く4曲に心を完全に持って行かれました。

アレンジはシンプル極まりないけど足りないとは全く感じない。

特にギターの音色のなんとキラキラしている事でしょうか。

そのキラキラした音の中で、五十嵐さんの声はまさに水を得た魚のように自由に泳いでいました。

演奏と詞とメロディと声、すべてのピースがぴったりはまっている感じがする。

昔はそれをアルバム丸ごとでやってのけていたという事がいかに凄い事だったかを思い知らされました。

昔は良かった、なんて本当は言いたくないんです。今が最高って言いたい。

でも、前半の曲はそれぞれのピースがなんだか上手くはまっていないように感じてしまうんです。あの何とも言いようのない違和感。

今も昔も方法としてはさほど違う事をやっているようには思えないんですが、何かが違う。

それが何なのかよくわからないけど、それを取り戻すのが一番難しい事なのかも知れないし、もしかしたらもう取り戻せないのかも知れない。

そして、私がシロップに求めているのは「夢みたい」や「変拍子」のような重々しさもだけど、まさに「4月のシャイボーイ」とか「光なき窓」のような透明感とあのファンタジックな感じなのかも知れないと今回改めて感じました。

二度と戻れないからこその美しさなんだろうとも思います。

でも今のシロップの音と五十嵐さんの声でここまで再現できた事はまぎれもない事実だし、こんな素敵な音源を出してくれた事に心からの拍手と感謝を送りたいのです。

いつの日か、新しい音源でもこんな風に思える日が来る事を、できるだけ過度な期待はしないように(ここ大事)待ちたいと思います。

 

そして最後に。
ジャケットが良いと、一層その音源に愛着がわくという事をあのお方(笑)がこれ以上ない形で示してくれた事にも感謝。

 

 

 

 

 


 
 

三夜と四夜。

f:id:properly16g:20171020102912j:image

syrup16gのCOPYリリース16周年ツアーの広島と大阪公演へ。

遠征なんて何年ぶりだろう。

最後に行った6/1の新木場の印象があまり良くなかったのと、音楽自体に興味がなくなってきてる事もあって、正直あまり乗り気ではなかった。

もともと大阪も行く予定はなかった。

そして結論から言うと、行って本当に良かった。

2ヶ所通して感じたのは、五十嵐さんは今こうしてライブができている事が心底嬉しいんだろうという事だった。

今回特に良かったのが全体の流れ。

ゆったりとした曲はちゃんと聴かせて、アッパーな曲はタイトにまとまっていて、セットリストも含めてこれがなかなか絶妙でメリハリがあって、見ていて途中でダレるという事がなかった。

ここら辺におっさんバンド(笑)の余裕を感じた。

広島は音響があまり良くなくてもったいないところもあったけど、大阪はとても良かった。

そして、COPYの曲を今の五十嵐さんが歌ったらどうなるのかという不安が正直あったんだけど、それは杞憂だった。

とにかく、五十嵐さんの歌がとても良くなっていた。ちょっとびっくりした。

いろんな事を乗り越えてきたゆえの、この人にしか出せない声。

涙腺に来る瞬間が何度かあった。

 

本当に色々あったけど、これからも色々あるかもしれないけど、シロップは本当に良いバンドになったな。
それが実感できた事が何より嬉しかった。

五十嵐さんは大阪で「最高のリズム隊に拍手を」と言っていた。

この一言が全てだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も入部。

3回目の自炊部入部。すっかり常宿と化している(笑)

去年は雪が少なかったけど、今年は最強寒波のおかげでバッチリのロケーション。

その代わりめちゃくちゃ寒かったけど。

 この異空間、やっぱりたまらん。

f:id:properly16g:20170118091204j:image

f:id:properly16g:20170117215030j:image

今回も冬の三種の神器付きで予約。f:id:properly16g:20170117215044j:image

今回は自炊。安定のキムチ鍋(笑)

f:id:properly16g:20170117213451j:image

 

束の間の命の洗濯でした。

今年も一泊だけだったから、来年こそは連泊したい。

そして冬以外の季節にも行ってみたい。

新緑の季節なんかもきっといいんだろうなあ。

 

16周年。

f:id:properly16g:20170118091456j:image

下北沢Club Queでsyrup16g を初めて見たのが2000年12月12日。

ちょっと!16年前ですってよ、奥さん!

2016年に結成20周年(正式なアナウンスがないけど)で、おまけに私にとっては記念すべき16周年。(ややこしい)

まさかこんなに長い付き合いになるとは思わなかった。

そしてツアーファイナルの東京2days、とても良かった。

3人の演奏がバキッとタイトにまとまっていて、純粋にカッコいいロックバンドになっていた。

やっぱりこれはギターボーカル担当の人(笑)の変化が大きかったように思う。

シロップがシロップの曲を目の前で演奏しているのを見られるという事がどれだけ幸せな事なのか、それを改めて感じた2日間だった。

ただただありがとうという気持ちで一杯だった。

記念すべき自分的16周年を最高の形で締めくくれた事が本当に嬉しい。

8年前の自分に教えてあげたい。

これからも気長に適度にマイペースでよろしくお願いします。

 

この場ですみませんが…15日のチケットを譲ってくださった方、本当にありがとうございました!

「darc」について雑感。

darc

シロップの作る音はやっぱり別格で好きだし、また聴ける事が嬉しいって気持ちと、どうしても過去の曲たちと比べてしまって残念に思ってしまう気持ちが交互にやって来る。
昔の作品はあまりに圧倒的で偉大過ぎる。
五十嵐さんは、それを超えられない事にこれから先もずっと苦しむことになってしまうんだろうかと勝手に辛くなってしまったりする。
好きだからこそ期待してしまうし、批判もしてしまう。
それだけシロップは愛されてるんだって事、よくわかる。
正直これでいいとは思ってないし、願わくば過去の作品を超えるものをいつか聴きたいと思う。

でも、このdarcもHURTもkrankeも作品としてダメだとは思わない。

金太郎飴みたいに過去の焼き増しで無難な作品ばっかり出されるよりもよっぽどドキドキもワクワクもするし、楽しませてもらってる。
パーツは揃ってる。
あとはそれぞれがうまく噛み合えば(それが一番難しいのかも知れないけど)、また凄い作品ができるんじゃないか。

過度な期待は禁物だけど。

「I'll be there」のイントロを聴いた時、単純に「ああ、幸せだなあ」(加山雄三かよ)と思った。

そう思えただけでも今は嬉しい。

 

追記:

個人的には五十嵐さんは低い声がとても魅力的だと思っているので、もっと全体的にキーを下げた方がシロップ独特の重みや湿っぽさが出て良いのではないかと思った。

再始動以降割とキーが高めな曲が多いけど、今は高い声の方が出しやすいのだろうか?

一方で、いい意味で枯れた感じとか優しさとか、年齢を重ねたからこその新しい魅力も発見できた。

 

新木場サンセット2016。

f:id:properly16g:20160721114512j:image

行ってきた。

まずはチケットを譲って下さった方にお礼を。

本当にありがとうございました!

久々に会えた方々にも感謝!

 

そして、syrup16gまさかのトップバッター。

「きこえるかい」と「To be honor」がとても良かった。

解散前よりも格段に声が伸びるようになったからだと思う。

それにしても生還以降の五十嵐さんは声に血が通って、歌に気持ちが乗るようになったな。

マサムネさんのリクエストという「センチメンタル」も良かった。

イントロがいつものコードのカッティングじゃなくてちょっとしたフレーズを弾いていて、後で知ったことだけどまた新しいギターを使っていたようで、その柔らかくて優しい音色と相まってとても良かった。

まるでバッキングで他に誰かが弾いているみたいなエフェクトがかかっていたのも印象的だった。

しかし、ほとんどはまさかのモッシュに巻き込まれてほとんど見られなかった。

中盤以降は演奏にも集中できなかった。お前ら頼むから落ち着け!!と何度叫びたくなったか。

もっと後ろで落ち着いて見たかった…。

シロップを見られる数少ない機会なのに、これには激しく後悔。

淡々と演奏するシロップと荒ぶるフロア、というちょっと異様な光景が繰り広げられていた。

シロップは(というか五十嵐さんは)スロースターターだから、なかなかあの曲数では厳しかったように思う。

今回のメンツの中ではひときわ男性率が高かったのか、野太い声援が飛んでいた。

男に好かれるのはいいんだけど、ギターはやっぱりもうちょっと頑張ってほしいなあ。プロなんだから。

と思ってしまったのも、スピッツがあまりに圧倒的だったからだ。

シロップも曲の良さは誰にも負けないんだし、リズム隊は抜群の安定感なんだから、五十嵐さんさえしっかりすればもっと凄いバンドになれるのに。

そこにもどかしさというか歯がゆさを感じてしまう。

無理するとまた潰れちゃうから、マサムネさんも言うようにマイペースでやってくれたらいいとは思いつつ、もうちょっと気合い入れてやってほしいなあとも思ってしまうこのジレンマ。

既に色んなバンドに影響を与える立場になっているんだから。

活動してくれてるだけでありがたいってのももちろん本心だけど、グダグダなのがデフォルトみたいになってしまうのはやっぱり良くないと思う。

 スピッツの田村さんの「戻ってきてくれて良かった」というコメントに感動。

再始動しなかったらスピッツと同じステージに立てなかったんだから、本当に戻ってきてくれて良かったと改めて思えた。

もはや年記とも呼べない何か。

シロップ、今年結成20周年なのか。

おっさんもたいこさんも「結成1996年なんだねえ~」とか他人事のように言ってたし、はっきりしたアナウンスがないのが彼ららしい(笑)。

偶然2016年だし、なんかいいね。

再始動が20周年に間に合ってよかった。

何か動きがあればなお嬉しいけど、今は活動してくれているだけでありがたい。

20日の新木場、子供の発表会を見に行く親の心境。お母さん不安。